ブログを書いたらなんか効果ある気がする。

ブログ書き始めてからもうすぐ1か月。
「いっかげつ」って書こうとすると、変換候補の多い事!!

「一か月」「一ヵ月」「一カ月」「一ヶ月」「一ケ月」「一箇月」「一個月」

7つもある。
どれも間違いじゃないみたいです。へぇそうなんだ。
じゃあ気分で使い分けられていいなw

今日は、所属している岡山インテリアコーディネーター協会の月1会議の日でした。
運営委員が集まって、活動の報告やイベントの企画とかの話をします。

色々やることはあるんだけど、その中に「岡山インテリアコーディネーター協会の会員募集チラシを作る」というのがあって、今は叩き台がある段階。叩き台をもとに、みんなで相談しながら作ろうとしてます。
人が集まると、みんなの意見が様々なのでまとまりにくい(笑)
チラシに書きたい事が多すぎて文字だらけになっちゃうのは、多分あるある。
よくわかる←経験者

で、口で説明しても伝わらないから、家に帰ってPowerPointで作ってみた。
そしたら、ものすごくサクサクできるんです。なんかちょっと進化しました、わたし。

誰に向けて、何のためにチラシを作るのかっていうのがはっきりしてるので、
それをこちら目線じゃなくて、相手目線で書くわけです。

・インテリアコーディネーターを目指す学生さんむけのチラシ
・目にとまって
・手に取って読んでもらって
・興味を持ってもらって
・行動してもらうためのチラシ

行動は協会ホームページを見てもらって、問い合わせ、入会してもらうこと。

どうしても協会を知って欲しい、入会して欲しいっていうこちら目線になりがちなので、
相手のAIDMA(アイドマ)をデザインするように作っていく。ストーリーを作る。

AIDMA(アイドマ)の法則…「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」という5つの英単語の頭文字を繋げた、消費者が商品の存在を認知して購入に至るまでの一連の購買決定プロセスをモデル化した購買行動モデルのこと。

 
自分でWebサイト作って、相手目線のことやデザイン構成、色のイメージ、媒体や文章で違う最適なフォント、等々をすごく考えてたので、案がすぐできました。
サッとできる。颯とできる。

ipadに入れてるアプリ大辞林。読むと楽しい。擬態語[人の動作、声や音]の中で唯一の漢字が「颯(さっ)と」

普段の仕事も盛り込むものの種類が多いときはゾーン分けからプランを形にしていくので、枠組みを考えるのは得意です。
普段と違うこと(ブログ)やると、また別の事が身についてるな~と自分でちょっと感心しました。
やります!って手をあげるのも早くなるしね。自画自賛ww